計算コラム

(70) 週7日の起源2014/ 2/ 7

6日働き週末は休む。世界共通のこの週7日のリズムはいつ創られたのか? 「神は6日で天地を創造し、7日目に安息された」と旧約聖書創世記にある。その経典の民であるユダヤ教は金曜日没から土曜日没までを安息日とし、キリスト教はキリスト復活の日曜日を安息日とし、イスラム教はムハマドのメッカ脱出の金曜日を安息日とする。安息日は異なれど週7日は皆同じだ。神は天地創造を毎週された訳ではないが、人間の営みは古来より7日の週サイクルとなった。しかし、週の起源はさらに遡る。古代バビロニアでは週単位となる毎月7、14、21、28日を休日としていた。月の周期(新月、上弦、満月、下弦)を4分割すると7日の週単位となる。そして満天の星々の中で特異な動きをする5つの惑星に太陽と月を加えて週の曜日とした。古代バビロニア人は60進法を使った民族でもある。60進法を構成する3×4×5の数から3×4=12ヶ月、3+4=7日と導かれるのは偶然だろうか、それとも数パズルを好んだ民だったのだろうか。
関連リンク
[1]曜日計算
  • Back