計算コラム

(63) 直系子孫の増加2013/7/22

儒家の始祖・孔子(BC552〜479)の子孫と称する人は数多く、400万人を超えるそうだ。中国出身の作家・孔健(1958~)は孔子の直系75代と名乗る。各世代毎に何人子供が生まれれば400万人まで増えるか計算してみる。なお生まれた子供は全て成人し次世代を担うことを前提とする。2*R75=4*106から世代増加率R=1.213と求まり、平均2.43人の子供が生まれれば76世代目の子孫は440万人になる。ちなみに子供2.6人の場合は、子孫7億人で中国人の半分は孔子の子孫となる。ところで母系遺伝するミトコンドリアDNAの調査から、現生人類は約16万年前の一人のアフリカ女性に辿り着くそうだ。1カップルから現代人100億人にまで増加する世代増加率を求めてみる。2*R5000=1*1010から、R=1.0045となり、次世代を担う子供は2.009人となる。こんな少ない増加率でも16万年後には100億人まで増えるとは驚きだ。
関連リンク
[1]べき乗
  • Back