計算コラム

(2) 災害は亥(イノシシ)年にやってくる2009/07/27

今年は、死者行方不明者5,098人と甚大な被害を受けた伊勢湾台風から50周年。伊勢湾台風の年が亥年であったこともあり、子供の頃に聞かされた'災害は亥年にやってくる'との風評をいまだに覚えている。そこで大きな災害の干支を調べてみよう。
関東大震災1923年
9月1日
M7.9 死者行方不明者
10万人強
阪神淡路大震災1995年
1月17日
M7.3死者行方不明者
6436人
確かに大地震は亥年に起きていた。さらに調べてみよう。
宝永地震宝永4年
10月4日
日本最大級の地震
推定M8.6〜8.7
死者2万人以上
富士山
大噴火
宝永4年
11月23日
〜12月8日
日本海中部地震1983年
5月26日
M7.7死者104人
亥の年には大きな災害が発生してようだ。これはただの偶然なのか? それとも地球規模で12年周期のリズムが存在しているのであろうか?
関連リンク
[1]干支計算
[2]地震エネルギー
  • Back