計算コラム

(34) 六曜のこだわり2010/11/29

「婚礼は大安が好まれ、葬儀は友引を嫌う」のこだわりが現在でも根強く定着している。六曜は14世紀に中国から伝来。その後名称や順番が変更され、江戸後期に現在の名称となったがさほど普及しなった。明治政府は七曜への改暦と同時に迷信めいた六曜の使用を禁止した。広く普及したのは戦後からで、最近では選挙や組閣にも縁起担ぎとして大安の日が選ばれる。菅内閣は2回とも大安組閣。「政治を科学する」鳩山内閣だけが平成唯一の仏滅組閣。禁止令を出した明治政府に対し、六曜の吉凶にこだわる平成政府。さてそのこだわりの効果は?
関連リンク
[1]六曜計算へ
  • Back