計算コラム

計算コラム一覧

  • (92) 比較優位

     世界の国々はなぜ貿易を行うのだろうか? イギリスの経済学者リカードは比較優位という概念を提唱した。 自由貿易において比較優位にある財を輸出すると共に、比較劣位にある財を輸入すれば、絶対優位に関係なく貿易で利益を享受できるという考えである。今日の国際分業の理論の中心概念となっている。

     2ケ国で考えてみる。前提条件

  • (91) 50個目のメルセンヌ素数

     素数は、「1と自分自身以外に約数がない自然数」である。素数の性質の1つとして、桁数が大きい素数同士の乗算で出来た数の素因数分解が難解である性質から、 日常においても、クレジットカードなどの暗号化に利用されていることは以前のコラム(No.71)

  • (90) 日本国債

     財務省は、国の借金である国債の発行残高が2017年末の時点で約1046兆になったと発表した。 金額があまりにも莫大なので、国民1人あたりの額やGDP比を計算して、日本が直にも破綻すると主張する意見が少なくなかった。

    しかし言われてから何年もたつのに、なぜ破綻しないのだろうか?

    様々な原因が考えられる

keisanは、生活、学習、仕事、趣味などの多くの計算式を集めた計算専門のポータルサイトです。

お金や健康、こよみ計算などの「生活の計算」をはじめ、教育現場で使える「数学・物理の計算」、統計や特殊関数などの 「専門的な計算」など、約1000種類以上の計算を楽しむことができます。あなたにぴったりの「計算」を探してみよう。

会員登録するとできること

計算の実行は全ての人が利用可能ですが、
会員登録いただくと、以下のサービスをご利用いただけるようになります。
 ・掲示板への投稿/返信
 ・自作式の登録
 ・ライブラリの入力値やFree計算の計算式の保存・呼出
課金については一切発生いたしません。