物理

ライブラリ名概要
(BS用)45度直角Prの貼合せ面への入射角(DEG) 45度直角プリズムの貼合せ面への入射角
E1 photon numbers for HI Coll. E1 photon number in HI Collision given to the projectile
E=mc²のエネルギーの計算 アインシュタインの化学式 E=mc² の化学式の計算です。
J2000からの経過日数
Number for E1 photon E1Photon number from Betulani-Bauer eq. 2.5.5.a
SPP beatの波長 SPPと光のbeat波長を求める
SPP beatの波長誘電体膜付き SPPと光のbeat波長を求める
deltaT2 地球自転の遅れを求めます。
【最も遠くに飛ぶのは45°ではない?】飛距離を最大にする角度 物体の地面からの高さhと、物体を打ち出す速度v0から、飛距離が最も大きくなる最適打出角度θ0、最大の飛距離lmaxなどを求めます。
°F ℃ K変換(温度) 温度を変換します。
キログラムをエネルギーの単位に変える
スネルの法則 スネルの法則で空気中の入射角から媒質への出射角度(偏角)を求めます
スネルの法則   その2 (媒質から空気中への出射角度) スネルの法則で媒質中の入射角から空気中への出射角度(偏角)を求めます
ホルツマーク関数H(β),G(β) & 平均寿命τ(β) 3次元で星がランダムに分布しているとき、その重力の影響をある一点でみるときの分布がホルツマーク分布です。
マッハ角からマッハ数 マッハ角からマッハ数に変換します。
ロジスティック写像を3つの異なる初期値で50桁で計算 カオスを示す有名なロジスティック写像 x_n+1 = a*x_n*(1-x_n)で 初期値が少し変わっただけでどのように値がずれていくかを見ます。 3つの異なる初期値が選べます。 50桁・精度保証計算を行っています。
遠心加速度 円周 = 回転半径 * (2*pi); 角速度 = (2*pi) * (秒速/円周); 遠心加速度 = 回転半径 * (角速度^2);
遠心力を求める
遠心力を求める(2)
鉛直投射(空気抵抗あり) 鉛直投射(空気抵抗あり)
音速を正確に求める
核融合燃料のグラムあたりの発生エネルギー 原子量当たりの電子ボルト = 発生電子ボルト / (燃料1+燃料2); // 1[kg] = 1.6605402 * 10^27 [u] から グラム当たりの原子量 = 10^24 / 1.6605402; グラム当たりの電子ボルト = 原子量当たりの電子ボルト * グラム当たりの原子量; // 1 [J] = 1.60217733 / 10^19 [eV] から MeV 換算 電子ボルトあたりのジュール = 1.60217733 / 10^(19-6); // 答え グラム当たりのジュール = グラム当たりの電子ボルト * 電子ボルトあたりのジュール; グラム当たりのギガジュール = グラム当たりのジュール / 10^9;
気象~SSI 気温と湿度からSSIを求める
気象~コオロギの鳴き声と気温 コオロギの鳴く回数と気温との関係
気象~渦度 渦度を計算する
気象~温位計算 気温と気圧から温位を求める また、その逆計算をする
気象~海面更正気圧 海面更正気圧を求める
気象~空気密度・動粘性 空気密度と動粘性
気象~持ち上げ凝結高度(LCL) パラメータから持ち上げ凝結高度を求める
気象~収束発散 収束発散を計算する
気象~水蒸気圧 気温から水蒸気圧を求める
気象~風向風速 風の成分から風向風速、またはその逆を求める
気象~露点温度 気温と相対湿度から露点温度を求める
気体の圧縮係数の計算(BWR式)
球の抗力係数CDとレイノルズ数Reの関係 球の抗力係数CD(Drag coefficient)をレイノルズ数Reを使って計算します。
球体の終速度 球体の終速度を求める。
空気抵抗有する自由落下 (速度から計算) 空気抵抗有する物体の自由落下運動で、所要時間・落下距離・撃力を計算します (物理公式集にある「空気抵抗有する自由落下(時間or高さから計算)」を真似てみました)
弦の固有振動数(2) 弦の張力・長さ・直径・密度から、第一モードの固有振動数を求める。
交流波形(サイン波) 交流波形(サイン波)
最小臨界角を求める 光が質媒から空気中に出射するとき、全反射する最小臨界角を求めます。
質量をエネルギーに変える(E=mc2) アインシュタインの相対性理論の中式 E=mc^2 より質量をエネルギーに換算します。          ?HUGE E=mc^{?Large 2}
周期→周波数変換 周期を周波数に変換
周波数[Hz]⇔波長[m] 周波数[Hz] と 波長[m] を変換します。
周波数→周期変換 周波数を周期に変換
所定の高度から海面までの自由落下 地球上の所定の高度から水平方向に投げた質量1kgの物体の海面までの自由落下
赤道座標から地平座標 赤緯を δ、時角を H とする。 観測者の緯度を φ とする。 高度を h、方位角を A とする。
旋回半径 グランドスピードとバンク角から旋回半径を算出
相対論的水素原子のエネルギー準位(Dirac方程式の解) 相対論的量子力学の基礎方程式であるDirac方程式による水素原子(Z=1)のエネルギー準位を計算します。非相対論的なシュレーディンガー方程式と比較しています。
直方体の慣性モーメント 回転軸が重心を通る場合の直方体の慣性モーメントを計算します。 a: x方向の直方体の長さ b: y方向の直方体の長さ c: z方向の直方体の長さ M: 質量
抵抗器のコンダクタンス 極板の面積と極版間の距離と導電率から抵抗器のコンダクタンスを求めます
電磁波の波長,反射率,透過率,電力半減深度,表皮厚み 電磁波の波長,反射率,透過率,電力半減深度,表皮厚みを計算します。反射率と透過率は空気から媒質に垂直に入射した場合です。
電池の内部抵抗 電池の内部抵抗を求めます。
統計力学 - マクスウェル分布 マクスウェル分布を計算します。
熱伝導 - 同心二重円筒間の輻射熱流量 同心二重円筒のあいだでの輻射熱流量Q[W]を計算します。
粘度(液中球落下式) 粘度計算
薄膜-金属表面プラズモンポラリトンの波数 薄膜-金属表面のエッジ構造で励起される伝搬型表面プラズモンポラリトンの波数
爆風圧の計算(TNT換算) TNT火薬換算の火薬量と爆発中心からの距離を入力すると、爆風圧を計算します。
反磁界係数の計算(楕円体) 楕円体 x^2/a^2 + y^2/b^2 + z^2/c^2 = 1 に対する反磁界係数 Nx, Ny, Nzを計算します。 計算には二重指数積分公式(DE公式)を用いています。
標準誤差を有効数字へ 標準偏差や標準誤差を有効桁数の目安に変換します。
表面プラズモンポラリトンの波数 金属表面のエッジ構造で励起される伝搬型表面プラズモンポラリトンの波数
表面張力 滴下毛細併用式
分解時間τ 分解時間
有効数字を標準誤差へ 有効桁数を標準偏差や標準誤差の目安に変換します。