対応のない2群の平均の差のt検定:標準偏差使用    実行数: 7550

一般的な「対応のない2群の平均の差のt検定(対応のない2標本t検定)」の計算用です。
等分散を仮定する場合と,そうでない場合(welchのt検定)の結果を同時に表示します。
また,入力用の変数に標準偏差を使用します。
---
式は「統計WEB」(関連リンク参照)を参考にしました。
別の方が作成された同様の式(関連リンク参照)は不偏分散を入力する形式でしたが,
論文などでは(標本)標準偏差が記載されることが多いですので,
論文などで見かけた対応のないt検定をすぐ再確認できるように作成しました。
(2022/07/27作成 7/29更新)

標本1のデータ数
標本2のデータ数
標本平均1
標本平均2
標本標準偏差1
標本標準偏差2
有意水準
    1. %

自由度
    1.  
標準誤差
    1.  
t値
    1.  
p値
    1.  
信頼区間
    1.  
    2. to
       
自由度(welch)
    1.  
標準誤差(welch)
    1.  
t値(welch)
    1.  
p値(welch)
    1.  
信頼区間(welch)
    1.  
    2. to
       
結果に疑わしいところがあるようでしたら入力した変数を含めてお知らせください。
(適宜確認しているわけではないので,すぐお返事するかはわかりません。)
なお,結果の末尾に「E-4」などと出る場合は,
そのマイナス分,小数点を左にずらして考えてください(脳内で)。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    対応のない2群の平均の差のt検定:標準偏差使用
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。

    送信を完了しました。



    Back

    【 対応のない2群の平均の差のt検定:標準偏差使用 】のアンケート記入欄
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信