購入回数の確率を表す負の二項分布モデル(NBDモデル)    実行数: 9

数学マーケティングに用いられる、購入回数の確率を表す負の二項分布モデル(NBDモデル)を計算します。
参考文献:「確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力」(森岡毅、今西聖貴)

r    :自社ブランドの購入回数
Pr   :r回購入される確率
M   :単位期間の平均購入回数(自社ブランドへの一定期間内の1人当たりの投票数)
K   :確率分布の形状を決めるパラメータ(浸透率とMから算出)
Kは別の自作式で計算できるようにしてあります。
購入回数の確率を表す負の二項分布モデル(NBDモデル)
単位期間の平均購入回数M
確率分布の形状を決めるパラメータK
調べる購入回数最大値rmax

NBDモデル
    購入回数の確率を表す負の二項分布モデル(NBDモデル)
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。

    送信を完了しました。



    Back

    【 購入回数の確率を表す負の二項分布モデル(NBDモデル) 】のアンケート記入欄
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信