正当性確率(多数決で決まる集団としての正解確率)    実行数: 1248

コンドルセの陪審定理としても知られており、市川憂人さんの小説「神とさざなみの密室」でも出てきた正当性確率の計算をします。p>0.5ならば個人の正解確率よりも集団の正解確率が上回り(神の答えに近づく)、p<0.5ならば下回ります。もちろん個々人が完全に独立に回答する必要があります。

正当性確率(多数決で決まる集団としての正解確率)
個人の正解確率
    1. (0<=p<=1)
投票者数最大値
    1. 1人からこの値まで計算します。奇数です。

正当性確率
    正当性確率(多数決で決まる集団としての正解確率)
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。

    送信を完了しました。



    Back

    【 正当性確率(多数決で決まる集団としての正解確率) 】のアンケート記入欄
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信