騒音レベルの距離減衰【点音源値自明の場合】    実行数: 16014

建築時に必要となる騒音レベルの距離減衰の簡易計算を行います。

点音源の騒音値と測定点の距離rが自明の時に、SPLr = PWL-20Log10r-11を用いて計算します。
騒音レベルの距離減衰【点音源値自明の場合】
PWL
    1. dB
r
    1. m

SPL
    1.  
    2. dB
※距離rが2倍になると6dB、10倍になると20dB減少。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    騒音レベルの距離減衰【点音源値自明の場合】
    [1-1] /1件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2022/08/15 19:02   60歳以上 / その他 / 非常に役に立った /
    使用目的
    詩吟大会の時、会場でのマイクと吟者の口までの距離は約20cmで説明しています。その距離が2倍になると音量が半分になることを客観的に説明したく利用させていただきました。
    以前音量は距離に2乗で減衰すると聞いていましたので参考にさせていただきました。
    2乗で減衰すると12dBになりますが間違っていましたね。
    ありがとうございました。
    反射の少ない庭で測定してみようと思っていました。
    詩吟愛吟者より

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。

    送信を完了しました。



    Back

    【 騒音レベルの距離減衰【点音源値自明の場合】 】のアンケート記入欄
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信