感電の危険性(人体電流と通電時間による症状)    実行数: 1829

低電圧でも人体に電流が流れると危険です。特に流れる電流値(人体電流)と何秒間流れるか(通電時間)で危険度が変わります。直流より交流の方が危険であり、IEC60479-1に記載されている分類を計算します(15-100kHz)

分類:
AC-1:無反応
AC-2:有害な生理的影響なし
AC-3:痙攣性の筋収縮や呼吸困難,一時的な心拍停止や心房細動を含んだ回復可能な心臓障害が生じる
AC-4:心停止,呼吸停止,重度の熱傷が生じ死の危険が生じる
 AC-4.1:心室細動の確率およそ 5%以下.
 AC-4.2:心室細動の確率およそ 50%以下.
 AC-4.3:心室細動の確率およそ 50%以上.
感電の危険性(人体電流と通電時間による症状)
通電時間
    1. 時間の単位
人体電流
    1. 電流の単位

症状
    1.  
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    感電の危険性(人体電流と通電時間による症状)
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。

    送信を完了しました。



    Back

    【 感電の危険性(人体電流と通電時間による症状) 】のアンケート記入欄
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信