SEIRモデル(コロナウイルス感染の微分方程式 その2)    実行数: 344

SIRモデルに引き続き、感染症の流行を表すモデル、SEIRモデルを計算します。ここで、
感受性保持者(Susceptible)、感染症が潜伏期間中の者(Exposed)、感染者(Infected)、免疫保持者(Recovered)です。4段4次のルンゲクッタ法で計算しています。

SEIRモデル(コロナウイルス感染の微分方程式 その2)
感染症の感染率β
SEIRモデル(コロナウイルス感染の微分方程式 その2)
感染症の発症率ε
感染症からの回復率γ
出生率・死亡率μ
免疫を持たない者Susceptible初期値
潜伏期間中の者Exposed初期値
発症者Infectious初期値
免疫を獲得した者Recovered初期値
時間最大値
時間の分割数

SEIRモデル
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    SEIRモデル(コロナウイルス感染の微分方程式 その2)
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 SEIRモデル(コロナウイルス感染の微分方程式 その2) 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信