ボルトの必要締付トルク    実行数: 505

フランジ等を締め付けるボルトの軸力が分かる場合、ボルト1本あたりに必要なトルクを計算する。
※ただし概算のため、得られる値で締め付けた場合の
 フランジ、ボルト、ガスケットなどの強度は検討されない。
 変形、破損の可能性があるため、参考値として計算するものである。

前提条件:
・F:ガスケットを締め付ける必要な荷重をボルトの本数で割った値
・u:接面するねじ部の摩擦係数(一般値 0.15~0.2)ねじ部が粗い場合は数値が増加する
・D:ナット座面がフランジ座面に接触するうち、有効な径(D=(ボルト穴直径+ナット内接円直径)/2)
・n:ナット座面とフランジ座面の摩擦係数(一般値 0.15~0.2)各座面が粗い場合は数値が増加する
・ねじの開き角の1/2 = cos30°/2 = 0.866
ボルトの必要締付トルク
ボルト1本あたりの必要軸力 :F
    1. N
ボルトのピッチ :p
    1. ピッチ
ねじ部の摩擦係数 :u
ねじの有効径 :d
    1. mm
ナット座面の有効径 :D
    1. mm
ナット座面の摩擦係数 :n

締付トルク :T
    1.  
    2. N・m
計算式の引用元 : ASME PCC-1
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    ボルトの必要締付トルク
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 ボルトの必要締付トルク 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信