導体の表面粗さによる電気伝導率モデル3種    実行数: 191

導体は表面粗さで高周波の電気伝導率(抵抗率)が変わります。そのモデル化として有名な3種、
Hammerstad/Morgan、Groisse、Hurayモデルを計算します。

導体の表面粗さによる電気伝導率モデル3種
電気伝導率
    1. M S/m
最大周波数
    1. GHz
最小周波数
    1. GHz
周波数分割数
表面粗さRa1
    1. um
    2. (Hammerstad/Morgan)
表面粗さRa2
    1. um
    2. (Groisse)
surface_ratio
    1. -
    2. (Huray)
スノーボール半径
    1. um
    2. (Huray)

導体の表面粗さによる電気伝導率モデル3種
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
導体の表面粗さによる電気伝導率モデル3種
[0-0] / 0件表示件数
BACK NEXT
メッセージは1件も登録されていません。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 導体の表面粗さによる電気伝導率モデル3種 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信