インピーダンスを反射係数に変換(2種の定義)    実行数: 2346

負荷インピーダンスと特性インピーダンスから反射係数を求めます。反射係数(Sパラメータ)には2つの定義、Power wavesとTraveling waves(Pseudo waves)があり、両方に対応しています。特性インピーダンスが実数なら両者は同じです。特性インピーダンスに虚部があると両者が異なるので注意。

Power waves : Γ=(Z-Zo*)/(Z+Zo)
Traveling waves : Γ=(Z-Zo)/(Z+Zo)
負荷インピーダンス
    1. Ω
    2. (複素数で入力, R+Xi)
特性インピーダンス
    1. Ω
    2. (複素数で入力, Ro+Xoi)
反射係数の定義

反射係数
    1.  
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    インピーダンスを反射係数に変換(2種の定義)
    [1-1] /1件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2019/05/09 09:54   男 / 40歳代 / エンジニア / 非常に役に立った /
    使用目的
    RF基板設計
    ご意見・ご感想
    反射係数を極座標形式でも表示してもらると、とっても嬉しいです。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 インピーダンスを反射係数に変換(2種の定義) 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信