サンプルサイズの決定(2つの平均の差の検定のとき)    実行数: 36351

2つの平均の差の検定時に、効果量(Δ=(μ1-μ2)/σ 平均の差が標準偏差の何倍か?)と有意水準を与えたとき、必要なサンプルサイズn(n=n1=n2,それぞれのサンプルサイズの意味)を計算します。 帰無仮説:μ1=μ2で、対立仮説としてはμ1≠μ2、μ1>μ2、μ1<μ2の3種類が選べます。

検出力
    1. %
有意水準
    1. %
効果量
対立仮説の種類

nが
    1.  
    2. のとき、検出力は
       
    3. %
nが
    1.  
    2. のとき、検出力は
       
    3. %
サンプルサイズは
    1.  
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    サンプルサイズの決定(2つの平均の差の検定のとき)
    [1-1] /1件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2018/08/12 10:55   男 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /
    使用目的
    仕事
    ご意見・ご感想
    サンプルサイズの決定(2つの平均の差の検定のとき) について
    nとは、各群それぞれに必要なサンプル数なのか、両群合わせての必要なサンプル数なのか、
    どちらでしょうか?

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 サンプルサイズの決定(2つの平均の差の検定のとき) 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信