ソレノイドコイルのインダクタンス    実行数: 36742

ソレノイドコイルのインダクタンスを求めます。

◇入力項目「計算方式」について
空芯コイルを計算する場合には「長岡係数を指定」を、有芯の場合は「パーミアンス法」を
推奨します。(パーミアンス法の詳細は関連リンク「ソレノイドコイル磁心の見かけの…」参照)

◇計算式(mはメートル):
インダクタンス(「長岡係数を指定」選択時)
= (長岡係数)×(真空中の透磁率)×(比透磁率)×(コイルの断面積:平方m)×(巻き数の2乗)÷(コイルの長さ:m)
= K * (4 * π * 10^(-7)) * μr * (π * (r^2)) * (N^2) / l

※「パーミアンス法」選択時は、「(長岡係数)×(比透磁率)」を「(磁心の見かけの比透磁率)」に読み替え。

磁束密度[T:テスラ]
= (印加電圧[V])×(印加時間[秒])÷(磁路断面積[平方m])÷(巻数)

◇比透磁率の一例(Wikipediaより)
パーマロイ : 8000
鉄(99.8% 純鉄) : 5000
フェライト (マンガン亜鉛系) : 640 (または、それ以上)
フェライト (ニッケル亜鉛系) : 16 – 640
木材 : 1.00000043
空気 : 1.00000037
水 : 0.999992
計算方式
    1. 長岡係数を指定 パーミアンス法
長岡係数(K)
    1.  ※長岡係数の導出は下方の「関連リンク」よりどうぞ。
比透磁率(μr)
    1.  ※空芯コイルの場合≒1
コイルの半径(r)
    1. 単位
コイルの巻き数(N)
コイルの長さ(l)
    1. 単位
巻線抵抗計算
    1. 想定電流
    2. A(RMS)
磁束密度計算
    1.  印加電圧
    2. V
    3.  印加時間
    4. 単位

インダクタンス =
    1.  
    2. μH
       =
    1.  
    2. mH
       =
    1.  
    2. H
巻き線の長さ =
    1.  
    2. mm
       =
    1.  
    2. cm
       =
    1.  
    2. m
    3.  ※概算値のため実際より低く出ます。
巻線抵抗 =
    1.  
    2. Ω
 =
    1.  
    2.  ※概算値のため実際より低く出ます。
巻線抵抗損失 =
    1.  
    2. W
 =
    1.  
    2. mW
    3.  ※概算値のため実際より低く出ます。
磁束密度 =
    1.  
    2. mT
 =
    1.  
    2. ガウス
変更履歴                          
  2017/02/28 初版公開
  2018/01/28 巻線抵抗および磁束密度の計算をオプションとして追加。
           計算方式を「長岡係数を指定」「パーミアンス法」より選択できるよう変更。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 ソレノイドコイルのインダクタンス 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信