001 温度制御_習作J4    実行数: 88

温度制御へのアプローチ

このプログラムは指令波形を与えて温度制御をシミュレーションする→操作が煩雑
→指令波形以外は、デフォルト設定のみとしてユーザに見せない。
最終的には、温度プロファイルを与えてコンピュータが指令を作り出す逆演算型にする。

繰り返し作業による蓄熱状況を3次元グラフにして制御の有効性を明確にする     
    1. 繰返回数
刻み時間
    1. s
V1
    1. V2
    2. V3
    3. V4
T1
    1. T2
    2. T3
    3. T4
    1. off時定数
初期ヒータ温
    1. 外気温(変化なしとする)

  ↑↑↑ 時定数は、初期立ち上がり部分と最終の立下りを使い自動登録とする。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    001 温度制御_習作J4
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 001 温度制御_習作J4 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信