平成27年センター試験 数学2B(旧課程) 第6問    実行数: 453

自然数M,NはM>Nであり、最大公約数が1であるとする。このとき分数M/Nに対して
次の(i)~(iii)の手順を考える。
(i)MをNで割った時の商をQ、余りをRとする。
(ii)R>0ならばMにNの値を代入し、次にNにRの値を代入して(i)に戻る。
(iii)R=0ならば終了する。
この商の列を用いれば次のようにかける。

平成27年センター試験 数学2B(旧課程) 第6問
Mの値
Nの値

連分数
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
平成27年センター試験 数学2B(旧課程) 第6問
[0-0] / 0件表示件数
BACK NEXT
メッセージは1件も登録されていません。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 平成27年センター試験 数学2B(旧課程) 第6問 】のアンケート記入欄
性別
年齢
職業

この計算式は

使用目的
ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信