★近似値関数    実行数: 559

f(x)=(ax+bP)/(bx+a)・・・基本式
 ただし、a,b,Pは正の整数。a/b > √P

基本式の性質
1. √P=f(√P)・・・不動点√Pを持つ。
2. f(∞)・f(0)=P ・・・xが正の整数の時、
  有理数f(x)はf(∞) > f(x) > f(0)の範囲内で、不動点の近似有理数を与える。
3. F1(x)=f(x),Fn(x)=Fn-1(f(x))とすると、Fn(x)=(Ax+BP)/(Bx+A)。Fn(x)もf(x)と同じ性質を持つ。
4. Fn(∞)-Fn(0) < Fn-1(∞)-Fn-1(0)
  ・・・x→f(x)の置換回数を増やすほど、不動点への近似範囲が狭まる。
5. b=1の時、基本式はf(x)=a-(a^2-P)/(a+x) と変形でき、Fn(x)は近似連分数を与える。

以上の性質を利用して、簡単な基本式から置換を繰り返して、より複雑な式を導く。
a=(√Pの整数部分の値)+1,b=1から出発し、Fn(x)=(Ax+BP)/(Bx+A)を計算する。

n
    1. 増分値
    2. 繰返回数
    3. P
    4. a=(int(√P)+1)b     b=1

本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    ★近似値関数
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 ★近似値関数 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信