管摩擦係数λの計算    実行数: 28961

ε/d =
    1. 管の内面粗度
Reynolds Number =
    1. レイノズル数

λ = 
    1.  
    2. 管摩擦係数
管摩擦係数λの計算(ダルシーの公式の摩擦係数)
(層流の場合 レイノルズ数、2300以下) λ=64/Re
(乱流の場合 レイノズル数、2300以上) 1/λ^0.5=-2*Log10(ε/d/3.71+2.51/Re/λ^0.5) コールブルック・ホワイト(Colebrook-White)式
で計算。(Moody曲線)

本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
管摩擦係数λの計算
[1-2] /2件表示件数
BACK NEXT
[1]  2017/07/11 17:04   男 / 20歳代 / 高校・専門・大学生・大学院生 / 役に立った /
使用目的
課題の計算問題の解答
ご意見・ご感想
「レイノルズ」が「レイノズル」と誤表記されている
[2]  2012/04/02 22:56   男 / 60歳以上 / その他 / 役に立った /
使用目的
熱・流体工学、環境関係技術、太陽光発電、電気工学等の研究と趣味的研究に貴重な知恵を頂いております。第2の人生で世のため人のために役立ちたいと考え、若干の社会貢献をしております。(元・研究人間、環境省の現・環境カウンセラー)
ご意見・ご感想
今のところ、問題は見付けておりません。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 管摩擦係数λの計算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
職業

この計算式は

使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信