宇宙人がいる星がどれくらいあるか?(ドレイク方程式)    実行数: 22081

宇宙人がいる星がいくつあるか?というドレイク方程式を計算します。

宇宙人がいる星がどれくらいあるか?(ドレイク方程式)
R
    1. 1年間に銀河系内で誕生する星の数
fp
    1. -
    2. 誕生した恒星が惑星を持つ確率
ne
    1. 惑星を持つ恒星1つについて生命が存在し得る惑星の数
fl
    1. -
    2. そのような惑星に生命が誕生する確率
fi
    1. -
    2. 誕生した生命が知的生命体にまで進化する確率
fc
    1. -
    2. 知的生命体が他の星に向かって交信を行う文明を形成する確率
L
    1. そのような文明が交信のために使う年数

    1.  
    2. 銀河系内の交信可能な文明数
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    宇宙人がいる星がどれくらいあるか?(ドレイク方程式)
    [1-10] /16件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2022/11/23 20:40   20歳未満 / 小・中学生 / 非常に役に立った /
    使用目的
    本で書いてあったことを試しかったのでこのサイトを使った。
    ご意見・ご感想
    入力もあって楽しかった。
    [2]  2022/10/25 11:17   20歳未満 / 小・中学生 / 非常に役に立った /
    使用目的
    興味
    ご意見・ご感想
    分かりやすくて面白かった!(^o^)
    できれば今の主流の考えも載せていただけたらいいと思う
    [3]  2022/10/15 19:12   40歳代 / その他 / 非常に役に立った /
    使用目的
    ドレイク方程式について知りたかった
    ご意見・ご感想
    「そのような文明が交信のために使う年数」を200年にしたら、文明0.1個だけでした。観測事実(今の所)に合致します。電波で交信する技術を持ってから、核融合やブラックホール生成などの危険な実験ができるようになるまで150年くらい、その後50年以内には確実に何かの事故が起こると思います。
    [4]  2022/08/17 15:14   - / 小・中学生 / 非常に役に立った /
    使用目的
    自由研究です。
    ご意見・ご感想
    納得できる意見が載っているサイトが少なかったので参考になりました。
    [5]  2022/05/31 23:53   20歳未満 / 高校・専門・大学生・大学院生 / 役に立った /
    使用目的
    興味本位
    ご意見・ご感想
    皆さんはどんな数値を入れて計算されたでしょうか。
    私の想定はR=10, fp=0.5, ne=0.01, fl=0.0001, fi=0.0001, fc=0.01, L=1000
    計算結果は5.E-9でした。
    fp=恒星が誕生するような重力の周りには惑星が誕生する元素も集まって来ると思うので大きな値にしました。
    ne=惑星がハビタブルゾーンに安定した軌道を取ることは偶然でしかありませんが、岩石型惑星であればそこまで低くない確率だと考えました。
    fl, fi=これは発生原因が全く検討もつかず、有史以来の無数の実験で再現されたこともなく、今後の科学でも再現可能性が限りなく低いと思われたため小さな値にしました。
    fc=これも全く不明ですが、fl, fiに比べれば確率は高いと思われました。
    L=ひとつのプロジェクトが百年も続くことはまずないと思いますが、完全に自動化された未来の技術であれば、千年稼働することも可能ではないかと思いました。
    [6]  2021/05/23 04:35   20歳未満 / 小・中学生 / 役に立った /
    使用目的
    天の川銀河にはどれくらいの知的文明が存在するのかを知りたかったので。
    ご意見・ご感想
    計算してみると、450個あることがわかりました。今のところ地球でしか生命が確認されていないことを考えると、意外にありますが、天の川銀河は大きいので、宇宙人が遠すぎて地球に来れないことがわかりました。
    [7]  2021/01/19 07:17   20歳未満 / 高校・専門・大学生・大学院生 / 非常に役に立った /
    ご意見・ご感想
    自分なりに入れたら200616とゆう数が出て、意外と多いと思いましたありがとうございます。
    [8]  2021/01/05 11:58   20歳未満 / 小・中学生 / 非常に役に立った /
    使用目的
    興味があったため。幼い頃からこういう話は大好きです。
    ご意見・ご感想
    とても分かりやすかった。
    もっと専門的な話が飛び出してくるかと思ったので。
    [9]  2020/07/16 11:15   20歳代 / その他 / 役に立った /
    ご意見・ご感想
    適当に入れてみたら25000 個だった
    [10]  2020/06/28 22:23   50歳代 / 自営業 / 役に立った /
    使用目的
    銀河系に人類と交信できる宇宙人の文明がどれほどあるのか計算してみたかった。
    ご意見・ご感想
    自分で想定した数値を入れて計算したら、25704。
    約2.5万個の宇宙人文明が存在する結果になった。
    思っていたよりかなり少なかった(1億個くらいはあるかと予想していた)ので、今後も宇宙人からの電波信号が届く可能性は低そうだ。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。

    送信を完了しました。



    Back

    【 宇宙人がいる星がどれくらいあるか?(ドレイク方程式) 】のアンケート記入欄
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信