出産一時金・出産手当金・育児休業給付金の計算

出産一時金・出産手当金・育児休業給付金の概算を計算します。

出産一時金・出産手当金・育児休業給付金の計算
出産予定日
出産日
    1. 予定日に出産
      出産が予定より早くなった
      出産が予定より遅くなった
遅くなった日数
早くなった日数
出産予定の子供の数
毎月の額面給与
    1. (※1)

(※1)交通費や残業代は含みますが、年3回以下の賞与は含みません。
(※2)保育園に入園できない場合など。

出産育児一時金は、被保険者及びその被扶養者が出産された時に1児につき42万円が健康保険から支給されます。ただし産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は40.4万円となります。
死産や流産だった場合も、妊娠4ヶ月(85日)以上経過していれば支給されます。

出産手当金は、被保険者が出産のため会社を休んで給与の支払いを受けなかった場合に、出産(予定)日の42日前(多胎の場合98日)、出産日の翌日から56日目までの範囲内で、会社を休んだ期間に出産手当金が健康保険から支給されます。出産が予定日より早く又は遅れた場合は、出産手当金も少なく又は多くなります。
(出産手当金 = 標準報酬月額 / 30 * 2/3 * 産休の日数)

育児休業給付金は、被保険者の方が1歳未満の子を養育するために育児休業を取得した場合に、一定の要件を満たすと支給を受けることができます。(さらに保育実施に入れないなどの場合は1歳6か月又は2歳まで延長することができます。また本ライブラリは、両親ともに育児休業をする場合(パパ・ママ育休プラス)には対応しておりません。

出産育児一時金、出産手当金、育児休業給付金は全て非課税で、社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)は免除になります。

※計算結果や情報等に関して当サイトは一切責任を負いません。また個別相談は一切対応しません。
出産一時金・出産手当金・育児休業給付金の計算
[1-1] /1件表示件数
BACK NEXT
[1]  2018/10/08 04:04   女 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /
使用目的
自分の計算との確認のために利用いたしました。
ご意見・ご感想
こちらとは別ですが、傷病手当金の概算計算もあると、さらに便利になると思います。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 出産一時金・出産手当金・育児休業給付金の計算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信