産休と育休の休業期間の計算

産休と育休の休業期間を計算します。

産休と育休の休業期間の計算
出産予定日
出産日
遅くなった日数
早くなった日数
出産予定の子供の数

産前の期間
 出産予定日の42日前(多胎の場合は98日)。
産後の期間
 出産日の翌日から56日。
育休の期間
 基本的には子どもの1歳の誕生日の先日まで。 ママ・パパがともが育児休業を取得する場合は、「パパ・ママ育休プラス」制度により、1歳2ヶ月になるまでで取得できます。さらに、保育園に入所できないなどの特定の条件を満たす場合は、最高2年まで延長できます。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 産休と育休の休業期間の計算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信