土木・機械

ライブラリ名概要
Z:断面係数?p^3 Z:断面係数?p^3
インボリュート関数 Inv(alph)
インボリュート関数の逆関数 alpha(Inv)
オリフィス管径の計算--ORIFICE TUBE=I.D. オリフィスの計算(雨水流出抑制施設等の調整池・貯留管) 地下貯留ビット等の、水位の調整を図るためにオリフィス管径の計算をします。
ジャッキとラム接触面圧-JACK-CONTACTED-SUR ジャッキとラム接触面圧-JACK-CONTACTED-SURFACE=PRESSURE【321,326】 Ps=TJ/A 積載物(kg)に対して、スペーサー接触面圧(kg/cm2)の許容値を求める。
スタッド溶接と電源電圧器容量-STUD-WELDING-TR スタッド溶接と電源電圧器容量--STUD-WELDING-TRANSFORMER=CAPACITY Ps=A×V×√Φ/√ξ 直流溶接機の概略仕様に、使用効率ξの電源最低設備容量を求める
ダクト面積計算 ダクトの面積(m2)を計算します
チェーンのリンク計算 この「チェーン計算」のログラムは、従来の軸間距離とリンク数の計算から、もう少しだけ踏み込んだ 概略軸間距離から、ジョイントリンクなりうる偶数リンクとなるよう計算軸間距離2を算出する。
ホイールのオフセット計算
ボルト孔径とねじの呼び径--BOLT-HOLE-VS-HIG 高力ボルトのボルト孔径とねじの呼び径の関係は、S規準に定められている 【325,S規準】BOLT-HOLE-VS-HIGH-TENSION-BOLT-NOMINAL-DIAMETER Δs=Φ-d1=2(d1<27)、3(d1≧27)
圧力容器ガス封入量 圧力容器にガスを封入する際、容積の体積と、封入しなければならない圧力から 封入されたガス容積を算出する。(※断熱圧縮を前提とする) PV=nRTより 圧力容器ガス封入量=エア室:V1×(封入圧:P2/大気圧:P1)*((273.15+封入温度:T2)/(273.15+大気圧温度:T1))
井戸関数
円D面積 円D面積
円の断面係数 慣性モーメント 面積 円周長 円の断面係数 慣性モーメント 面積 円周長
回転体の表面速度 円筒状の回転体の表面速度を求めます
管摩擦係数λの計算
許容圧縮応力の算出(鋼構造) 座屈を考慮した許容圧縮応力(鋼構造用) 簡易確認用でしかありません。
許容曲げ応力の算出(鋼構造) 横座屈を考慮した許容曲げ応力(鋼構造用) 簡易確認用でしかありません ※区間内で曲げモーメントが変化する場合に適用
現在地と距離と方角からある地点を求める 現在地と距離と方角からある地点を求める
誤差率1 誤差率を求めるヤシ
鋼材の炭素等量--STEEL-CARBON-EQUIVALE 鋼材の溶接による硬化性を知る指標となる。 【110,325】STEEL-CARBON-EQUIVALENT=Ceq Ceq=C+Mn/6+Si/24+Ni/40+Cr/5+Mo/4+V/14(%)
鋼製巻き尺補正量と温度-MEASURING-RELAIABL 鋼製巻き尺補正量と温度 【325,725】MEASURING-RELAIABLE-LENGTH=TEMPERATURE dx=0.000012×(T-T0)×L
鋼製巻き尺補正量と張力-MEASURING-RELAIABL 鋼製巻き尺補正量と張力 【325,725】MEASURING-RELAIABLE-LENGTH=TENSION-FORCE dx=(P-P0)×L/(A×E)
最高硬さと炭素等量-CARBON-EQUIVALENT=MA 鋼材の溶接ボンド部付近の最高硬さは、鋼材の炭素等量との間に直線関係がある 【110,325】CARBON-EQUIVALENT=MAXIMUM-HARDNESS Hvmax=1,200×Ceq-200---板厚12mmのすみ肉溶接の場合
最小縁端距離--BOLT-EDGE-DISTANCE=NOI 最小縁端距離(D1:せん断孔あけ、D2:ドリル孔あけ)はS規準で定められている。 【325,S規準】BOLT-EDGE-DISTANCE=NOIMNAL-DIAMETER ΔL=D-d1
四角堰の流量計算
糸状の物を円筒体に巻き取った時の巻径 糸状(繊維や銅線など)の物を円筒にある一定幅で巻き取った時の巻径を求めます。 体積計算の応用です。
千鳥打ちのゲージとピッチ--BOLT-STAGGING-GU 千鳥打ちのゲージ(g)とピッチ(p)には、スケッチのような関係を、S規準で定めている 【325,S規準】BOLT-STAGGING-GUAGE-PITCH=INTERVAL b=(p^2-g^2)^0.5
超簡単 4角変形の土地を巻尺一筆書き測量して一発で面積! 超簡単 4角形面積測量 4隅に杭を打って巻尺で一筆書き測量して記録した長さをそのまま入力すれば面積が計算できます。 巻尺の読み値をそのまま入力してください。各辺の長さ計算は不要です。
超簡単 三角土地測量 巻尺の読み値入で面積計算 巻尺の三角形の頂点の読み値を入力するだけで面積が求められます。 手順 1.土地に杭を打つ 手順 2.巻尺の頂点の目盛を3点入力。
直堀自立高--SELFEARTH-RETAINING=Hc ランキン・レザールによる自立高さの検討の式 P=(γH+Q)×tan2(45°-φ/2)-2Ctan(45°-φ/2) P=側方土圧とし、地山の自立高さは、P=0の時がつり合う点となるため、、変形した次式より求める
鉄筋の炭素等量--REBARL-CARBON-EQUIVAL 鉄筋の溶接や圧接による硬化性を知る指標となる。 Ceq=C+Mn/6 【110,324】REBARL-CARBON-EQUIVALENT=Ceq
鉄骨膨張力による引張破断--STEEL-THEMAL-EXP 拘束された(固定した)鋼材は、温度差によって応力が生じ、拘束力が必要であり、許容破断耐力(N/mm2)を超えると切れる 【325,725】STEEL-THEMAL-EXPANSION-FRACTURE=STRESS σ=α×(T2-T1)×E
度分秒変換〜ddd°mm′ss.s″→dddmmss.s dd°mm′ss.s″をddmmss.sに変換する
度変換〜ddd.d°→dddmmss.s dd.d度をddmmss.s形式に変換する
度変換〜dddmmss.s→ddd.d° ddmmss.s形式をdd.d度に変換する
動力計算ver101 トルクと回転数から動力(kW)計算を自動計算します。
熱膨張長さ-THEMAL-EXPANSION=LENGTH 熱膨張量の値を求める 【725,SI】THEMA-EXPANSION=LENGTH ΔL=α×(T2-T1)×L
被圧井戸の水位降下量
溶接できる板厚差-PLATES-WELDABLE-THICK 突合せ溶接(T形を除く)は、母材bの板厚の差が5mmを超えない場合、可能である。もしくは、厚い方の小端面に削減する傾斜1/5以下となる片側勾配となければならない。 【110,325】PLATES-WELDABLE-THICKNESS=DEFFERENCE ΔT=T2-T1
溶接われ感受性指数--WELD-CRACKING-PARAM 溶接割れ感受性Pcmは、鋼材の化学成分組成による。 【110,325】WELD-CRACKING-PARAMETER=Pcm Pcm=C+Si/30+Mn/20+Cu/20+Ni/60+Cr/20+Mo/15+V/10+5*B(%)
溶接ワイヤーと入熱量-WELDING-WIRE=HEAT-I 柱梁接合部の溶接では,入熱量及びパス間温度を管理する必要がある。 入熱量の計算は、積層図の1パス毎に求める。非常に重要な溶接条件になる。 【110,325】WELDING-WIRE=HEAT-INPUT Q=60×Ebolt×Iampere/s
溶融亜鉛めっきとダイアフラム開孔率--HOT-DIP-GAL 溶融亜鉛めっきのコラム柱にダイアフラムには、亜鉛めっき浴に投入できるように、中央部および四隅に孔と切り欠きが必要である 【110,325】HOT-DIP-GALAVANING-HOLE=RATIO Da=2.7×A+1.9×B-202 --------JISH9124(溶融亜鉛めっき作業指針・解説)A:B=1:1
溶融亜鉛めっき継手のすべり係数--FRICTIONAL-CO 溶融亜鉛めっき継手のすべり係数試験体と摩擦係数(0.4以上)の確認 部材の降伏強度(SS400=235N/mm2 または、SM490=325N/mm2)、溶融亜鉛めっき面の2面接合 μ=P/(m×n×N)を求める ただし、板幅が適切でないと、すべりが生じる前に、部材が降伏して薄くなってはならない 【110,325】ZINC HOT-DIT-GALANAIZING-FRICTIONAL-COEFFICIENT=RATIO μx=(W-(Φ+3))×T1×σy/(m×n×N)