溶融亜鉛めっきとダイアフラム開孔率--HOT-DIP-GAL    実行数: 85

溶融亜鉛めっきのコラム柱にダイアフラムには、亜鉛めっき浴に投入できるように、中央部および四隅に孔と切り欠きが必要である
【110,325】HOT-DIP-GALAVANING-HOLE=RATIO
Da=2.7×A+1.9×B-202 --------JISH9124(溶融亜鉛めっき作業指針・解説)A:B=1:1

めっき浴への浸漬速度は投入時4m/sを守らないと、梁と柱の液抜き孔付近で浴槽液中で脆性破壊による亀裂が残り、めっき浴引き上げ後発覚する 大きく、割れると手直しが難しくなる
初期値は、コラムサイズD=450mmの場合、中央孔A=150mm、コーナー切欠きB=130mmです
A
    1. Φmm
溶融亜鉛めっきとダイアフラム開孔率--HOT-DIP-GAL
B
    1. Φmm
 
Da(=(H+W)/2)
 
mm
開孔率として、中央部穴と四隅のコーナー部切欠きを合計して求める
コラム柱サイズD(開孔率K)の関係は、D≧305→K≧25%、D=200〜305→K≧30%
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。内容について当サイトは一切責任を負いません。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 溶融亜鉛めっきとダイアフラム開孔率--HOT-DIP-GAL 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信