溶融亜鉛めっき継手のすべり係数--FRICTIONAL-CO 実行数:21

溶融亜鉛めっき継手のすべり係数試験体と摩擦係数(0.4以上)の確認
部材の降伏強度(SS400=235N/mm2 または、SM490=325N/mm2)、溶融亜鉛めっき面の2面接合
μ=P/(m×n×N)を求める ただし、板幅が適切でないと、すべりが生じる前に、部材が降伏して薄くなってはならない
【110,325】ZINC HOT-DIT-GALANAIZING-FRICTIONAL-COEFFICIENT=RATIO
μx=(W-(Φ+3))×T1×σy/(m×n×N)

W(すべり試験継手の板幅 mm)、Φ(F8Tのめっき高力ボルトの呼び径 mm)、T1(試験材の部材厚 mm)、σy(試験材の降伏強さ N/mm2)、m(摩擦面数)、n(締付けボルト数)、N(標準ボルト張力 Nとして、分子は継手のすべり発生時の荷重、分母は摩擦接合耐力(m×n×N)とする。
W
溶融亜鉛めっき継手のすべり係数--FRICTIONAL-CO
Φ
T1
σy
m
n
N
 
μx
 
めっき高力ボルトの標準ボルト張力:133kN(12GSHTB16)、2076kN(12GSHTB20)、256(12GSHTB22)、299kN(12GSHTB24)である。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。内容について当サイトは一切責任を負いません。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 溶融亜鉛めっき継手のすべり係数--FRICTIONAL-CO 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信