従量税の余剰分析を計算します。    実行数: 214

従量税の余剰分析について計算します。消費者余剰、生産者余剰、政府の余剰を計算します。
均衡価格、均衡数量、死荷重(厚生の損失)を計算します。弾力性の比率、税負担の比率を計算します。
需要関数、供給関数は一次式であるとします。
従価税と混同しないようお願いします。

 需要関数の形式はD=b+aPであるとします。供給関数の形式はS=f+cPであるとします。入力時は符号に注意します(特に負号)。
設問で逆需要関数、逆供給関数が与件である場合は形式を直して係数と定数項を入力します。「逆~」の「逆」を省略している設問などもありますから、注意します。従量税はここでは負の場合(補助金のケース)を扱いません。ゼロ以上の数値を入力して下さい。経済学の設問として不適合と判定すると出力しません。ゼロ、負の均衡数量はここでは扱いません。従量税は売り手側から徴税され、売り手は買い手に転嫁するとします。 余剰分析を計算しますが、需要の価格弾力性と供給の価格弾力性の比率及び税負担の比率を関連から出力します。政府の余剰は税収であるとします。総余剰(社会的余剰)に税収を含める場合を扱います。
需要関数の定数項
    1. (正の数値を入力します)
需要関数の係数
    1. (符号に注意。特に負号)
供給関数の定数項
    1. (0か負の数値を出力します)
供給関数の係数
    1. (正の数値を入力します)
従量税
    1. (正の値を入力します)

課税前消費者余剰
    1.  
    2. (賦課前)
課税前生産者余剰
    1.  
    2. (賦課前)
課税前税収
    1.  
    2. (賦課前なので、=0です。)
課税前総余剰
    1.  
    2. (賦課前の社会的余剰)
課税後消費者余剰
    1.  
    2. (賦課後)
課税後生産者余剰
    1.  
    2. (賦課後)
課税後税収
    1.  
    2. (賦課後の税収)
課税後総余剰
    1.  
    2. (賦課後の社会的余剰)
死荷重
    1.  
    2. (厚生の損失)
課税前均衡点での需要の価格弾力性
    1.  
    2. (-1をかけています)
課税前均衡点での供給の価格弾力性
    1.  
課税後均衡点での需要の価格弾力性
    1.  
    2. (-1をかけています)
課税後均衡点での供給の価格弾力性
    1.  
消費者税負担
    1.  
生産者税負担
    1.  
弾力性比率
    1.  
    2. (比率は、供/需 です。)
税負担比率
    1.  
    2. (比率は、消/生 です。)
課税前均衡価格
    1.  
    2. (賦課前)
課税前均衡数量
    1.  
    2. (賦課前)
課税後均衡価格
    1.  
    2. (賦課後)
課税後均衡数量
    1.  
    2. (賦課後)
R5(2023).09/10(sun)_test_従量税_Ver.001
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    従量税の余剰分析を計算します。
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。

    送信を完了しました。



    Back

    【 従量税の余剰分析を計算します。 】のアンケート記入欄
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信