外国人を直接雇用できる実現可能性評価プログラム    実行数: 83

貴社で外国人従業員を直接雇用できるかどうかの「可能性」を診断評価するプログラムです。
2019年4月からの規制緩和により日本企業が直接雇用の枠が拡大されました。

本プログラムは外国人を雇用する予定の企業において、最低限必要な資格要件を満たしているかどうかを判定するものです。但し、全ての要項を満たしている場合でも実際にはその申請が通るどうかを保証するものではありません。
1.直近1年間の決算書類を準備できるか?
    1. できれば1、できなければ0を入力してください。
2.直近1年間の源泉徴収の支払証拠書類がある?
    1. あれば1、なければ0を入力してください。
3.労基より是正勧告を受けたことがある?
    1. 受けたことがなければ1,受けたことがあれは0を入力。
4.社内規定があり従業員に公開している?
    1. 公開していれば1を、していなければ0を入力してください。
5.自社ホームページを公開している?
    1. していれば1,していなけれなば0を入力してください。
6.会社案内の印刷物がある?
    1. あれば1,なけれなば0を入力してください。
7.直近1年間の決算の営業利益は黒字である?
    1. 黒字であれば1を、赤字であれば0を入力してください。
8.規制緩和の14業種に含まれる業種である?
    1. 含まれていれば1、なければ0を入力してください。
9.雇用契約書を従業員に発行しているか?
    1. していれば1、いなければ0を入力してください。
10.特別な資格が必要な業務かどうか?
    1. 必要でないならば1を、必要ならば0を入力してください。

外国人直接雇用可能性%
    1.  
    2. %
外国人を直接雇用できる実現可能性評価プログラム
企業の規模や過去の業歴、業種、また雇用したい外国人本人の適性や履歴などにも左右されます。また、現在既に日本国内に在留している外国人であるか、外国の現地にいる外国人であるかによってもその資格要件は変わります。詳しくは、最寄の入国管理局(2019年4月1日から入国管理庁)にお問合せください。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    外国人を直接雇用できる実現可能性評価プログラム
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 外国人を直接雇用できる実現可能性評価プログラム 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信