不足分請求見積額:変形労働時間:任意月数分累計Ver04tn    実行数: 43

月間の合計支給額計算を、①基本時給②深夜手当③残業手当④待機手当⑤休日出勤手当⑥1分単位⑦最低賃金差額
を含めてその総本来支給額を計算し、実際の支給額の差額を算出します。

1.深夜手当時間帯:22:00ー29:00(=午前5時00).....最大7時間
 入力方法注意事項:前日から翌日をまたぐ勤務時間の場合、
退勤時間が翌朝09:00の場合は(24+9=)33と入力すること。
2.残業手当時間数:8時間を超える時間数(但し、変形労働時間制の場合など例外あり)
(事例)連続勤務時間数が16時間の場合、16ー8=8時間。
sh1:平均出勤時間1
    1. 出勤時の時の部分
sm1:平均出勤時間2
    1. 出勤時の分の部分
eh1:平均退勤時間1
    1. 退勤時の時の部分
em1:平均退勤時間2
    1. 退勤時の分の部分
kyu1:平均休憩時間
    1. 当日勤務時間帯から引く時間
ds:月間平均勤務日数
    1. 月間平均合計勤務日数
m:任意期間=計算月数
    1. 計算したい勤務月数
w:契約時間給
    1. 契約上の時間給与
c:上記に含む平均深夜時間日計
d:上記に含む平均休出時間月計
    1. 月間当たりの休日出勤時間数
f:上記に含む平均待機時間日計
g:上記に含む平均1分単位日計
sai:最低賃金(地域別)
    1. 最低賃金は下記の表で確認可
y:累計支給額
    1. 実際の過去の支給額累計

k1*ds*m:平均勤務時間累計
    1.  
    2. 時間
    3. 任意期間勤務時間累計
x:上記含む全手当含む総額
    1.  
    2. 本来払うべき金額累計
z:未払い賃金額累計
    1.  
    2. 見積請求可能額
saisa:最低賃金との差
    1.  
    2. +の場合は差額請求可能
k1:平均勤務時間日計
    1.  
    2. 時間
b:平均残業時間累計
    1.  
    2. 時間
    3. 該当期間の残業時間累計
y:実際受領した累計額
    1.  
saike:最低賃金差額累計
    1.  
saike+z:最低賃金補正後、請求額計
    1.  
不足分請求見積額:変形労働時間:任意月数分累計Ver04tn
*注意:待機時間の場合、休憩時間として差し引くことはできない。
    待機時間..明確な休憩時間の規定が無いなど、客観的に判断して日直と認められない場合。
  例え、仮眠を取っていたとしても勤務時間となり休憩時間とはみなされない。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    不足分請求見積額:変形労働時間:任意月数分累計Ver04tn
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 不足分請求見積額:変形労働時間:任意月数分累計Ver04tn 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信