交渉情報量の優位性計算    実行数: 87

交渉情報量の優位性計算

交渉に必要な情報量の差を知ることで、交渉が優位が不利であるかを判定します。
a, b, c, d,e2に1~10の間の数値を入力してください。
初期値は、6又は4としていますが、自由に設定してください。
情報量の指数が当方と相手と比べてどちらが多いかを想定してから、入力してください。
慣れるまでは、a+bとc+e2の数値が10になるように設定してください。
a=当方原価要因情報量
    1. :関税・運賃・販売市場価格など
b=相手原価要因情報量
    1. :原料市場価格・生産ロット・型代用不要など
d=当方契約条件情報量
    1. :貿易条件・円建てか外貨建てか、など
e2=相手契約条件情報量
    1. :支払条件・為替レート予想など

c2=原価要因情報量差
    1.  
    2. %
    3. プラスの場合は当方有利。マイナスの場合は相手が有利。
f2=契約条件情報量差
    1.  
    2. %
    3. プラスの場合は当方有利。マイナスの場合は相手有利。
g=総合交渉条件情報量差
    1.  
    2. %
    3. プラスの場合は当方有利。マイナスの場合は相手有利。0%の時は互角の情報量。
原則、当方と相手方の合計が10になるように設定すると分かり易くなります。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    交渉情報量の優位性計算
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 交渉情報量の優位性計算 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信