緩衝液のpH変化(弱塩基+強酸)    実行数: 660

緩衝液のpH変化(弱塩基+強酸)

弱塩基B(初期濃度Cb)と強酸との塩BHCl(初期濃度Ca)からなる緩衝液に強酸や強塩基を滴下しpHを求めます。
体積変化を無視する時は、滴下する強酸や強塩基を100mol/Lなど非現実的な値にできます。
数値解(小数点以下10桁まで精確)と近似解を求めています。
Bの塩基性がpKb=7よりはるかに強い/弱いか、緩衝液が希薄か、または緩衝能力を超えた時、近似解は数値解と大きくずれます。
塩基解離度定数 pKb
弱塩基の塩BHClの初期濃度 Ca0
    1. mol/L
弱塩基Bの初期濃度 Cb0
    1. mol/L
緩衝液の体積
    1. mL
滴下する
    1. の濃度
    2. mol/L
一度に滴下する体積
    1. mL
繰返回数

計算の詳細
強塩基を添加した分だけ塩基濃度Cbが増えて塩濃度Caが減ったとみなす。
強酸を添加した分だけ塩濃度Caが増えて塩基濃度Cbが減ったとみなす。
●近似解
Caは完全に電離。
Cbは電離しない。

平衡:10^(-pKb)=[BH+][OH-]/[B]
10^(-pKb)=Ca[OH-]/Cb
[OH-]=10^(-pKb)(Cb/Ca)
pH=14-pKb+log(Cb/Ca)

●数値解
Caは完全に電離。
Cbのうちbの割合で電離したとする。

平衡:10^(-pKb)=[BH+][OH-]/[B]
10^(-pKb)=(Ca+bCb)[OH-]/(1-b)Cb
電荷収支:[H+]+[BH+]=[OH-]+[Cl-]
Kw/[OH-]+(Ca+bCb)=[OH-]+Ca
Kw/[OH-]+bCb=[OH-]
bCb=[OH-]-Kw/[OH-]
(1-b)Cb=Cb-[OH-]+Kw/[OH-]
あわせると
10^(-pKb)=(Ca+[OH-]-Kw/[OH-])[OH-]/(Cb-[OH-]+Kw/[OH-])
10^(-pKb)=(Ca[OH-]+[OH-]^2-Kw)[OH-]/(Cb[OH-]-[OH-]^2+Kw)
0=(Ca[OH-]+[OH-]^2-Kw)[OH-]-10^(-pKb)(Cb[OH-]-[OH-]^2+Kw)
0=x^3+x^2(Ca+10^(-pKb))+x(-Kw-10^(-pKb)Cb)-10^(-pKb)Kw
となる。
以下ニュートン法。xの変化がxの絶対値の10^(-10)倍未満になった時点で打ち切っている。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    緩衝液のpH変化(弱塩基+強酸)
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 緩衝液のpH変化(弱塩基+強酸) 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信