貿易の達人:NO.440-31.月間粗利営業利益を決める    実行数: 29

貿易の達人:自分が準備できる初期資金を基準に、どくらいの商品単価で何個くらい仕入れできるかを計算します。

1.海外工場と直接取引する場合の最低発注数を100個から500個くらいの間で設定してください。  2.準備できる資金は、10万円から100万円の間で設定してください。3.値入率は、25%から75%の間で設定してください。
仕入初期資金
最低発注数
値入率
月間販売数量
取扱点数
月間販売管理費
    1. *毎月の品目数に比例してかかる経費(変動)
月間固定費
    1. *毎月の固定費(商品数に連動しないもの)

a=上限販売単価
    1.  
b=上限仕入単価
    1.  
c=利益総額=(a-b)x数量
    1.  
完売するまでの期間
    1.  
    2. ケ月間
月間平均粗利額
    1.  
    2. 円/月
月間営業利益額
    1.  
    2. 円/月
取扱点数
    1.  
・全仕入数量が売れた場合の利益総額を計算できるようにしました。(粗利ベース) ・毎月の収入予定も計算しました。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    貿易の達人:NO.440-31.月間粗利営業利益を決める
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 貿易の達人:NO.440-31.月間粗利営業利益を決める 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信