貿易の達人:No.332.固定費と変動費:800個生産時    実行数: 13

工場の固定費と変動費の計算から粗利が多くなる方法を計算します。

ケース1では、低価格商品を利益無し又は最低利益で販売します。しかし、生産量は1000個です。ケース2では、低価格商品は儲からないので、生産しません。しかし、生産量は800個にしかなりません。そして全体を計算してみると、ケース1の方が利益が多くなります。
低価格生産量1
低価格生産量2
中価格生産量3
中価格生産量4
全体固定費
変動費1
変動費2
変動費3
変動費4
低価格粗利1
低価格粗利2
中価格粗利3
中価格粗利4

ケース1生産コスト合計
    1.  
ケース1粗利合計
    1.  
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    貿易の達人:No.332.固定費と変動費:800個生産時
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 貿易の達人:No.332.固定費と変動費:800個生産時 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信