[らせん] キラルユニット数とらせん方向過剰率の関係    実行数: 153

キラルユニット数とらせん方向過剰率の関係(グラフバージョン)

[らせん] キラルユニット数とらせん方向過剰率の関係
キラルユニット1つあたりのエネルギー差 ΔGh
    1. kJ/mol
キラルユニット数 N
    1. 増分値
繰返回数
温度 T

らせん反転構造は考慮していません。
以下の様な式で計算しています。
se=100*tanh(-ΔGh*N/2/8.3144621/(T+273.15)*1000);
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    [らせん] キラルユニット数とらせん方向過剰率の関係
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 [らせん] キラルユニット数とらせん方向過剰率の関係 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信