高速アーランB計算機(呼損率B、呼量aから回線数nを求める)    実行数: 140148

高速アーランB計算機
目標呼損率B、呼量aから回線数nを求める。

目標呼損率は0.01%~99.99%の範囲で指定
求めた回線数nでの呼損率Bも表示する。

アーランB式
B = (a^n/n!)/(1+a/1!+a^2/2!+a^3/3!+・・・+a^n/n!)

B:呼損率(Call loss rate)
a:呼量(Call number)
n:回線数(Circuit number)
目標呼損率B
    1. %
    2. [0.01~99.99]
呼量a
    1. アーラン

回線数n
    1.  
    2. 回線
    3. 呼損率B
       
    4. %
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    高速アーランB計算機(呼損率B、呼量aから回線数nを求める)
    [1-3] /3件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2014/11/05 17:24   男 / 50歳代 / 会社員・公務員 / 役に立った /
    使用目的
    ふと、この回線数でいいのか? と 思い、叩かせていただきました。
    [2]  2013/10/11 10:41   男 / 40歳代 / エンジニア / 役に立った /
    使用目的
    PRIのトラヒック統計情報から、必要回線数の見直しをするため
    ご意見・ご感想
    計算が速く、役に立った。
    [3]  2012/12/18 19:15   男 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 役に立った /
    使用目的
    出線を ISDN1500にしたときに どれくらいの呼量まで、運べられるかが 知りたくて。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 高速アーランB計算機(呼損率B、呼量aから回線数nを求める) 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信