時計算(長針と短針の重なる時間)

時計の、長針と短針の重なる時間を求めます。
例)1時~2時の間に長針と短針の重なる時間は?

時計算(長針と短針の重なる時間)
長針と短針の重なる時間帯

長針が1分に進む角度:360/60 = 6°
短針が1分に進む角度:360/(12*60) = 0.5°

1分で、長針が短針に追いつく角度:6-0.5 = 5.5°

1時における、短針と長針の間のなす角度:30°
2時における、短針と長針の間のなす角度:60°
3時における、短針と長針の間のなす角度:90°
4時における、短針と長針の間のなす角度:120°
5時における、短針と長針の間のなす角度:150°
6時における、短針と長針の間のなす角度:180°
7時における、短針と長針の間のなす角度:210°
8時における、短針と長針の間のなす角度:240°
9時における、短針と長針の間のなす角度:270°
10時における、短針と長針の間のなす角度:300°

例)1時~2時の間で長針と短針の重なる時間の求め方

1時(30/5.5)分 = 1時(60/11)分
    時計算(長針と短針の重なる時間)
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 時計算(長針と短針の重なる時間) 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信