検査の精度

検査の精度(感度、特異度、偽陽性率、偽陰性率、陽性的中率、陰性的中率、有病率)を計算します。

検査の精度
疾患あり
    1. (検査で陽性)
    1.   --------------------------------------------------------------------
  疾患なし
    1. (検査で陰性)


計算式

 








疾患あり疾患なし 合計
検査で陽性aba+b
検査で陰性cdc+d
合計a+cb+da+b+c+d





  • 感度(Sensitivity) = a/(a+c)

  • 特異度(Specificity) = d/(b+d)

  • 偽陰性率(False positive:FP) = c/(a+c)

  • 偽陽性率(False negative:FN) = b/(b+d)

  • 陽性的中率(Positive predictive value:PPV) = a/(a+b)

  • 陰性的中率(Negative predictive value:NPV) = d/(c+d)

  • 有病率(Prevalence) = (a+c)/(a+b+c+d)



各指標は小数点第4位を四捨五入して計算しています。
    検査の精度
    [1-1] /1件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2020/05/20 22:30   男 / 50歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /
    使用目的
    知識確認。
    バグの報告
    偽陰性率(False positive:FP) = d/(c+d):?
    c/(a+c)でないと陰性的中率(Negative predictive value:NPV) = d/(c+d)に等しい。
    偽陽性率(False negative:FN) = a/(a+b):?
    b/(b+d)でないと陽性的中率(Positive predictive value:PPV) = a/(a+b)に等しい。

    keisanより
    ご指摘ありがとうございます。解説の計算式が間違っていたのを修正しました。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 検査の精度 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信