就業手当の計算

就業手当の額を計算します。(平成30年8月1日改正)

就業手当は申請すれば失業保険の支給日数が減らされてしまうので注意が必要です。
就業手当の計算
離職時の年齢
基本手当日額
就業日数
    1. 上限は支給残日数

就業手当
    1.  
支給要件
 失業保険の支給残日数が所定給付日数の1/3以上かつ45日以上あること
 再就職手当の支給対象でないこと
 離職前の会社への再雇用でないこと
 待期期間が経過後の就業であること
 自己都合退職の給付制限がある場合は、待期期間後の1ケ月間はハローワーク等の紹介で就職したこと
 受給資格決定前から採用が決定していた事業主に雇用されたものでないこと
 就業手当の支給決定の日までに離職していないこと

 支給額 = 働いた日数 × 30% × 基本手当日額
 (30% × 基本手当日額の上限) 60歳未満・・1,831円、60歳以上65歳未満は1,482円

※計算結果や情報等に関して当サイトは一切責任を負いません。また個別相談は一切対応しません。
就業手当の計算
[0-0] / 0件表示件数
BACK NEXT
メッセージは1件も登録されていません。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 就業手当の計算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信