MIPS⇔平均命令実行時間変換

CPUの性能評価の為のMIPSと平均命令実行時間を相互に変換します。

MIPS⇔平均命令実行時間変換
変換内容
MIPS
平均命令実行時間
単位

MIPS
    1.  
平均命令実行時間 =
    1.  
         =
    1.  
    2. ミリ秒
         =
    1.  
    2. マイクロ秒
         =
    1.  
    2. ナノ秒
         =
    1.  
    2. ピコ秒
計算式:
MIPS = 1 / 平均命令実行時間(s) * 10^(-6)

補足説明:

【MIPS】
MIPS(Million Instruction Per Second)は、コンピュータが1秒間に実行できる命令数を百万(1,000,000)の単位で表したものです。
1MIPS ⇒ 1秒間にコンピュータは1,000,000回の命令を実行できる。

【平均命令実行時間】
平均命令実行時間は、1命令を実行するのにかかる平均時間です。

    MIPS⇔平均命令実行時間変換
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 MIPS⇔平均命令実行時間変換 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信