原稿料や講演料等の源泉徴収税を計算

原稿料、講演料料等を支払った時の源泉徴収税を計算します。

原稿料や講演料等の源泉徴収税を計算
支払い金額
消費税

支払い金額
    1.  
消費税
    1.  
源泉徴収額
    1.  
    2. (所得税+復興特別所得税)
手取り額
    1.  
源泉徴収される対象は以下の通りです。
・原稿料、講演料など(ただし懸賞応募作品の入選者などへの支払は5万以下はしなくてもよい)
・弁護士、公認会計士、司法書士等へ払う報酬
・社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
・プロ野球選手、プロサッカー選手、プロテニスの選手,モデルや外交員等に支払う報酬
・芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬
・宴会等で接待を行うコンパニオンやホステムへ支払う報酬
・プロ野球選手の契約金など、役務の提供契約をすることにより一時に支払う契約金
・広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金

支払い金額と源泉徴収税(所得税+復興特別所得税)
100万円以下・・・支払金額×10.21%
100万円超 ・・・(支払金額-100万円)×20.42%+102,100円

原稿料や講演料等の源泉徴収税を計算
[1-1] /1件表示件数
BACK NEXT
[1]  2018/10/29 10:02   女 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 役に立った /
使用目的
仕事の請求
ご意見・ご感想
「支払い金額」欄にはいかなる場合も消費税抜きの金額を入れるのですね。
少しわかりにくかったので、「支払い金額(消費税抜き)」などとしていただくといいのではないでしょうか。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 原稿料や講演料等の源泉徴収税を計算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
職業

この計算式は

使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信