スチューデント化された範囲

スチューデント化された範囲の上側累積確率、下側累積確率を計算します。

パーセント点
範囲に対する標本サイズ r
自由度 ν

(最大範囲を計算するグループ数 c

※標本サイズrが大きく、自由度vが小さくなるほど、誤差が大きくなります。

参考文献)
Ferreira, D., et al. "Quantiles from the Maximum Studentized Range Distribution."
Biometric Brazilian Journal 25.1 (2007): 117-135.

    スチューデント化された範囲
    [1-1] /1件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2019/02/19 15:42   - / - / その他 / 非常に役に立った /
    使用目的
    自作の表計算ソフトで使用.
    ご意見・ご感想
    平均値の多重評価でスチューデント化のq値が必要なとき,特に,q値表が無くても,逆数補間していた20を超える自由度でも任意で取得できる.

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 スチューデント化された範囲 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信