延滞金の計算

地方税(道府県税、市町村税)を滞納した場合の延滞金を計算します。
2000年(平成12年)以降の滞納に対応しています。

延滞金の計算
納期限
納付日
滞納税額

滞納年月日数
    1.  
    2.  
    3. ヶ月
    4.  
滞納日数
    1.  
(端数処理前)延滞金
    1.  
    2. 滞納税額+延滞金
       
(端数処理後)延滞金
    1.  
    2. 滞納税額+延滞金
       
【計算式】
 延滞金=滞納税額 × 延滞日数 × 延滞金率 ÷ 365
 (延滞金率は年度により異なり、納期限の2ヶ月目から割増になります。計算上、うるう年でも365日で計算します)

【端数の処理】
 ・滞納税額が2,000円未満の時は延滞金はかかりません。
 ・滞納税額に1,000円未満の端数があるときは、端数を切り捨てから計算します。
 ・算出した延滞金が1,000円未満は延滞金はかかりません。
 ・算出した延滞金に100円未満の端数は切り捨てます。

※計算結果や情報等に関して当サイトは一切責任を負いません。また個別相談は一切対応しません。

補足説明:

延滞金率
年 度納期限の翌日から1ヶ月間2ヶ月目以降
2000年(平成12)〜年4.5%年14.6%
2002年(平成14)〜年4.1%年14.6%
2007年(平成19)〜年4.4%年14.6%
2008年(平成20)〜年4.7%年14.6%
2009年(平成21)〜年4.5%年14.6%
2010年(平成22)〜年4.3%年14.6%
2014年(平成26)〜年2.9%年9.2%
2015年(平成27)〜年2.8%年9.1%
2017年(平成29)〜年2.7%年9.0%
2018年(平成30)〜年2.6%年8.9%
2019年(平成31)〜年2.6%年8.9%

    延滞金の計算
    [1-5] /5件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2019/01/02 16:02   女 / 60歳以上 / 主婦 / 非常に役に立った /
    使用目的
    市役所からの固定資産税未納明細書の延滞金額が違う気がしたのでこちらのサイトを利用しました。
    ご意見・ご感想
    桁違いが判明しました。公的機関でもまちがいがあるので自分でしっかりチェックするべきと痛感しました。
    数値をいれるだけで素早くわかり大変助かりました。
    [2]  2018/09/04 19:57   男 / 30歳代 / エンジニア / 少し役に立った /
    使用目的
    延滞金計算
    バグの報告
    平成30年の特例基準割合は1.6%なのですが計算に反映されていますでしょうか?
    keisanより
    成30年度に対応しました。
    [3]  2017/05/25 15:18   男 / 60歳以上 / 自営業 / 非常に役に立った /
    使用目的
    納税する気はあります。でも運転資金が第一ですから。納税はその次になります。
    2017/02/08 13:25
    更新履歴
    2017年(平成29)~の延滞金率に対応しました。
    [5]  2016/09/15 15:04   男 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 少し役に立った /
    使用目的
    延滞金の把握のため
    ご意見・ご感想
    分納状況を考慮した延滞金計算ができればいいのですが。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 延滞金の計算 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信