弁護士費用の計算

弁護士費用(相場)を計算します。弁護士費用は現在自由化されていますが、多くの弁護士が弁護士会の旧報酬会規を使っていますので、これに基づいて計算します。

弁護士費用の計算
タイプ
経済的利益額

着手金
    1.  
報酬
    1.  
合計
    1.  
弁護士費用の計算
弁護士に事件処理を依頼するにはまず「着手金」が発生します。
そして事件を解決した際には、度合いに応じて「成功報酬」が発生します。
さらに消費税が発生します。
着手金・・結果の成功、不成功に関係なくに手続きしてもらうために支払う費用です。
成功報酬・・結果の成功の程度に応じて支払う費用です。
実費・・交通費や郵便切手・印紙代・コピー代などです。
※弁護士費用は、事件の難易度により費用が増減したり、弁護士により費用が違う場合があります。

※計算結果や情報等に関して当サイトは一切責任を負いません。また個別相談は一切対応しません。

弁護士費用の計算
[1-2] /2件表示件数
BACK NEXT
[1]  2019/01/01 11:56   男 / 60歳以上 / - / 役に立たなかった /
使用目的
弁護士に架空懲戒請求をしたら逆に訴えられたので、その訴訟調停の弁護士を雇うための着手金見積もり
ご意見・ご感想
和解できないから弁護士を雇うのに、着手金10万円なんて払えません(号泣)高すぎます。
[2]  2014/08/21 10:39   男 / 40歳代 / 自営業 / 役に立たなかった /
バグの報告
経済的利益を1000万と入力すると着手金637,200円と表示されるが
http://www.ohkubolaw-jiko.jp/bengoshihousyu.pdf
によると300万円を超え3000万円以下の場合は経済的利益全体の5%+9万円で59万円ではないか
300万円以下の部分を8%で計算して合計する必要はないのでは?
ちなみに
http://www.bengoshihiyo.com/minji/keisan1.html
では59万円と表示される
keisanより
この9万円は300万円分の着手金の8%と5%の差額(300万*3%)です。つまり300万円以下は8%で計算してるということになりますす。
さらに消費税を加算すると
59万*消費税(1.08)=637,200
となります。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 弁護士費用の計算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
職業

この計算式は

使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信