ドント方式による議席獲得数

ドント方式で獲得議席数を計算します。

ドント方式による議席獲得数
議席数

各党の獲得議席数
ドント方式は、比例代表制選挙において、各政党に配分される議席の算定方法の一つです。各政党の得票数を1から順に整数で割っていき、その商の大きい順に議席を与える方式です。日本では昭和58年(1983)の参議院議員選挙から採用されました。この方式はベルギーの数学者ヴィクトル・ドントの名前に由来します。
    ドント方式による議席獲得数
    [1-2] /2件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2020/02/19 01:57   - / 20歳代 / 高校・専門・大学生・大学院生 / 非常に役に立った /
    使用目的
    ドント式によってどのように議席が変わるのか調べたくて
    ご意見・ご感想
    計算しやすくて重宝してます 便利です
    できればサンラグ式などドント式以外の比例配分方式の計算機も置いてほしいです
    [2]  2017/10/15 20:54   男 / 20歳未満 / 小・中学生 / 役に立った /
    使用目的
    タイムリーだと思ったから。
    ご意見・ご感想
    使いやすかった。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 ドント方式による議席獲得数 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信