江戸 重さのグラム換算

江戸時代に用いられた重量表現をグラムに換算します。

江戸 重さのグラム換算

重さ
    1.  
    2. グラム
    1.  
    2. キログラム
1貫=6.25斤=1、000匁=10、000分
1貫=3.75キログラム
で計算しています。
1貫とは一文銭1、000枚の事です。一文銭の重量は一文目と呼ばれました。重さの単位はお金の重さを基準としていたようです。5円硬貨は3.75グラムですからおおよそ一文銭と同じ重さです。

江戸 重さのグラム換算
[1-3] /3件表示件数
BACK NEXT
[1]  2019/01/11 21:04   男 / 50歳代 / エンジニア / 非常に役に立った /
使用目的
下の投稿フォロー
ご意見・ご感想
kg表示も併記していただきありがとうございます。素早い対応、感謝します。
[2]  2019/01/11 10:45   男 / 50歳代 / エンジニア / 非常に役に立った /
使用目的
漱石の小説に「23貫500の脂肪太りの下女」というくだりがあり、kgだとどの程度なのかを知るため。
ご意見・ご感想
結果がgでしかでませんが、kgでも出るとありがたいです。23貫500=88125g=88.125kg ですか。なるほど巨漢な下女さんなんですね(笑)
[3]  2017/09/07 14:43   男 / 20歳未満 / 高校・専門・大学生・大学院生 / 役に立った /
使用目的
高校の社会の時間の江戸文化の重さについいて調べるため。
ご意見・ご感想
計算速度が速くて、良かった。出来れば目も入れて欲しかったです。
keisanより
「目」は「匁」と同じです。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 江戸 重さのグラム換算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
職業

この計算式は

使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信