在職老齢厚生年金(表)

在職中に受ける老齢厚生年金(在職老齢年金)を受給されている方の支給カットされた年金支給額と収入合計を計算します。

総報酬月額相当額は、(その月の標準報酬月額)+(直近1年間の標準賞与額の合計)÷12
年金基本月額は、加給年金額を除いた特別支給の老齢厚生年金の月額
在職老齢厚生年金(表)
年齢
年金基本月額
    1.       
    2. [ 支給停止調整開始額
    3. 円]
    1.       
    2. { 支給停止調整変更額
    3. 円]

平成31年4月1日の改正で、支給停止調整開始額=28万円、支給停止調整変更額=47万円です。
賃金や物価の変更に応じて毎年見直されます。

※計算結果や情報等に関して当サイトは一切責任を負いません。また個別相談は一切対応しません。
    在職老齢厚生年金(表)
    [1-4] /4件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2019/04/05 17:45   男 / 60歳以上 / 会社員・公務員 / 役に立った /
    使用目的
    今後の年金受給と年報を決めていきたいので
    [2]  2014/03/04 16:25   女 / 50歳代 / 会社員・公務員 / 役に立った /
    使用目的
    定年を迎え、継続雇用社員の給与検討
    ご意見・ご感想
    社員の方への説明が具体的にできました
    [3]  2013/03/20 03:21   男 / 60歳以上 / 会社員・公務員 / 役に立たなかった /
    使用目的
    今後の仕事について考えたい
    ご意見・ご感想
    どこかのサイトに、高年齢雇用継続基本給付金を受け取っていると、「標準報酬月額の最大6%」がさらに減額されると書いてあったと記憶しています。
    「最大6%」がわからないのですが、計算式はありませんか?
    [4]  2013/02/18 03:24   - / 50歳代 / 会社員・公務員 / 役に立たなかった /
    ご意見・ご感想
    基本月額+総報酬月額=46万円から、調整が始まるのではないですか?

    となると、合計額が多すぎませんか?
    keisanより
    総報酬月額相当額が46万円以下で基本月額が28万円以下の場合は、
    基本月額-(総報酬月額相当額+基本月額-28万円)÷2 で計算されます。(関連リンクを参照)
    総報酬月額が43万円で基本月額が15万円ですと、年金支給は0円となるようです。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 在職老齢厚生年金(表) 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信