ウラン235による年代測定

天然ウランにおけるU235の比率から過去の年代を測定します。

天然ウランの現在の存在比率は太陽系のどの場所でも同じです。
U235とU238は半減期が異なるため、過去に遡るとU235の比率が高くなります。

ウラン235による年代測定
    1. 年代測定時の存在比率
U235
    1. %
現在の存在比率
U235
    1. %
    2. 半減期
    3. 億年
U238
    1. %
    2. 半減期
    3. 億年

原子炉で使われるU235の濃縮比率は約3%で、20億年前のU235の存在比率と同じです。
このことから天然原子炉の存在が予測され発見もされています。


ウラン235による年代測定
[0-0] / 0件表示件数
BACK NEXT
メッセージは1件も登録されていません。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 ウラン235による年代測定 】のアンケート記入欄
性別
年齢
職業

この計算式は

使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信