ヒジュラ暦朔日を西暦へ

ヒジュラ暦の指定年の毎月の朔日に対する西暦(グレゴリオ暦とユリウス暦)を求めます。イスラム暦とも呼ばれラマダーン月などを求められます。

ヒジュラ暦朔日を西暦へ
タイプ
ヒジュラ暦
    1. 1月1日〜12月1日

ヒジュラ暦朔日を西暦へ
ヒジュラ暦は純粋太陰暦で、大の月(30日)と小の月(29日)を交互に繰り返し、30年に11回の閏年で月初めの朔望月を補正しています。
ヒジュラ暦の1日(日没開始)は、西暦日付の前日日没から当日日没までが該当します。
宗教関係者が日没後の新月観測でヒジュラ暦を決定している場合もあり、本計算と日付がずれることがあります。

※計算結果や情報等に関して当サイトは一切責任を負いません。

ヒジュラ暦朔日を西暦へ
[0-0] / 0件表示件数
BACK NEXT
メッセージは1件も登録されていません。

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 ヒジュラ暦朔日を西暦へ 】のアンケート記入欄
性別
年齢
職業

この計算式は

使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信