自由落下のエネルギー計算

空気抵抗無く物体が自由落下を始めて、ある距離に落下する時の落下エネルギーと速度を計算します。

自由落下のエネルギー計算
物体の質量
    1.  kg
落下距離
    1.  m
[重力加速度 g
    1.  m/s2
    2. ]

落下エネルギー E 
    1.  
    2. J
=
    1.  
    2. kWh
落下速度 v 
    1.  
    2. m/s

自由落下のエネルギー計算
[1-10] /30件表示件数
BACK NEXT
[1]  2019/01/09 12:37   男 / 30歳代 / 会社員・公務員 / 少し役に立った /
使用目的
衝突エネルギーの計算
ご意見・ご感想
落下エネルギ≠衝突エネルギーとうことがわかりました
[2]  2017/11/22 10:05   男 / 20歳未満 / 高校・専門・大学生・大学院生 / 非常に役に立った /
使用目的
自分が1000mから落ちたらどのぐらいのエネルギーを発生させることが出来るのか知りたかったから。
ご意見・ご感想
ちょっとした疑問が晴れたので良かったです
[3]  2017/11/14 17:14   男 / 30歳代 / エンジニア / 役に立った /
使用目的
ミニ四駆の部品設計(強度解析実施にあたり、衝突時の運動エネルギーを求めるため)
[4]  2017/11/08 13:11   男 / 20歳代 / 高校・専門・大学生・大学院生 / 非常に役に立った /
使用目的
2017年11月7日に開催された乃木坂46真夏の全国ツアーFINAL!で落下したカメラの衝撃を計算しました。。
恐ろしいです。。
ご意見・ご感想
大変役に立ちました。
[5]  2017/05/11 18:40   男 / 20歳未満 / 小・中学生 / - /
使用目的
ウルトラマンオーブが登場するときの衝撃を計算してみた。TNTに換算したら、甚大な被害を被ることがわかった。
ご意見・ご感想
すぐに計算できるので、助かる。
[6]  2016/08/23 20:18   男 / 30歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /
使用目的
最近登山を始めたのですが、仕事で使っている産業用ヘルメットを登山でも使っていいのか? という疑問を解消するために使用しました。登山用ヘルメットの安全規格には欧州統一規格と国際山岳連盟規格があり、それぞれ「何キロの重りを何メートルの高さから落とした時の衝撃が何ニュートン」などと決まっています。一方産業用ヘルメットには厚生労働省の保護帽規格があるのですが、質量と高さが前者と異なります。当方いわゆる「私大文系」で、物理が全くダメなのですが、貴サイトのおかげで「厚労省規格は欧州規格以上、山岳連盟未満」であることが分かりました。
[7]  2015/08/09 10:31   - / 40歳代 / 教師・研究員 / 役に立った /
使用目的
空想科学読本に使った

[8]  2015/08/09 10:26   男 / 20歳未満 / 小・中学生 / 非常に役に立った /
使用目的
自由研究
ご意見・ご感想
振り子のエネルギーもできるようにしてください
[9]  2014/10/24 23:12   男 / 40歳代 / エンジニア / 役に立った /
使用目的
雑談で、東京都民1000万人が時刻合わせてぴょん、と跳んだらどれぐらいの被害が出るか、という計算を行った。
ご意見・ご感想
70kgが50cm跳ぶとして、一人あたま343Jで1000万人、3.43x10^9J。
上昇着地時の二回合わせてもTNT換算わずか1.6トン分にしかならない、という結果になった。
もっとでかいか、と思っていたので意外な結果、おもしろかったです。
[10]  2014/07/25 22:59   女 / 20歳未満 / 小・中学生 / 役に立った /
使用目的
ポケモンの映画でミュウツーとゲノセクトが落下してきたときの速度等が気になったので
ご意見・ご感想
すごく速くて目が点になりました!!

BACK NEXT

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 自由落下のエネルギー計算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
職業

この計算式は

使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信